つのおブログ

2015.10.29更新

うつ病では前頭前野部に機能低下した部位が2か所観察されています。
この部位で磁場をon-off(磁場の変化)することで、ファラデーの原理により微弱な渦電流が生じます。
この電流が神経細胞のaxonを刺激し、神経細胞体の活性化、シナプス伝達の賦活化をおこします。
シナプス伝達の促進によりおそらくは神経成長因子のシナプス部からの取り込みが増え、神経細胞自体の機能が回復します(まだ仮説)。
同時にその局所の血液循環も増え、神経回復への相乗効果をおこすと考えられます。
これが、磁気効果の分子レベルでのメカニズムです。

磁気刺激の優れた点は、磁気発生装置の電源をoffにすれば、後に何も残らないことです。
薬物の様に、hangoverしたり、肝機能障害をおこすことはありません。
一番多い副作用は、刺激時の局所の痛みです。しかしこれは3回目ぐらいで消失します。
また効果発現まで3週間ほどかかるのが難点かも知れません。

実際については、磁気刺激(rTMS)でのうつ病治療をご覧ください。

投稿者: つのおクリニック

2015.10.05更新

インフルエンザワクチが変わりました







投稿者: つのおクリニック

2015.02.09更新

年を取ると誰でも、人の名前をすぐに思い出せなくなったり、物をどこにしまったか忘れたりするものです。

生理的な加齢による物忘れは
◇体験の一部を忘れる
◇ヒントがあれば思い出せる
のが特徴で、たとえば
食事の献立が思い出せない
外出先で人と会ったことを忘れる
などです。

病的な認知症では
◆体験したこと自体を忘れる
◆ヒントがあっても思い出せない
のが特徴で、たとえば
食事したこと自体を忘れる
外出したこと自体を忘れる
ということです。

興味深い統計があります。
全国の65歳以上の15%が認知症で推測されています。
渋谷区では65歳以上が3.9万人なので
6000人が認知症であると考えられています。

大田区では65歳以上は14万人なので
21000人が認知症に罹患していると推測されています。

精神科領域で初診患者は
認知症圏が急増
気分感情障害圏は横ばい
統合失調圏は微増傾向
になっています。

まわりの方の初期症状に気付いたら
早めの受診をお勧めします。

mobilephone0120-570-442(通話料無料、携帯・PHSからもOKです!)

投稿者: つのおクリニック

2015.02.02更新

イランの研究によって、コエンザイムQ10が多発性硬化症による
うつ症状や疲労への改善効果があることが分かりました。

ランダム化二重盲検偽薬対照試験として、
コエンザイムQ10投与群(500mg/日)とプラセボ群に分け
12週間に渡りダブルブラインド試験を行いました。
指標として、疲労重症度スケールFSS、Beckうつ病指標BDIが調べられました。

結果、疲労重症度スケールでは
コエンザイムQ10群で有意な改善が認められました(P=0.001)。
プラセボ群では有意な悪化が認められました(P=0.001)。

偽薬群に比べて、コエンザイムQ10投与群では、FSSおよびBDIの
いずれの指標も有意な改善が示されています。

※多発性硬化症(MS; multiple sclerosis)は、免疫系の関与する
神経変性疾患の1種であり、脳における神経変性に炎症が関与


Coenzyme Q10 as a treatment for fatigue and depression in multiple sclerosis patients: A double blindrandomized clinical trial.
(Nutr Neurosci. 2015 Jan 20. [Epub ahead of print])
(英語サイトへ飛びます。)http://goo.gl/hhtVlX


投稿者: つのおクリニック

2015.01.23更新

Enkephalins presynaptically inhibit cholinergic transmission in sympathetic ganglia
Nature

Enkephalin as a transmitter for presynaptic inhibition in sympathetic ganglia
Nature

Evidence that CEA and calcitonin are produced by medullary carcinoma of the thyroid in vitro
Proceedings of the IIIrd world Congress of Nuclear Medicine and Biology ・ Paris ・ France

Enkephalin and somatostatin block of calcium channel in neuroblastoma cells
Neuroscience Meeting ・ Dallas ・ Texas ・ USA

Transplantation of extensor carpi radialis longus muscle in normal and dystrophic chicks
Experimental Neurology

パッチクランプ法による Ca チャンネル研究
細胞工学

Block of calcium channel by enkephalin and somatostatin in neuroblastoma-glioma hybrid NG108-15 cells
Proceedings of National Academy of Science U.S.A.

Characterization of two types of calcium channels in mouse meuroblastoma cells
Journal of Physiology

イオンチャンネルとオピオイド
神経精神薬理

Differential inhibition of transient and long-lasting calcium channel currents by benzodiazepines in neuroblastoma cells
Brain Research

Pharmacological effects of the mycelial extract of cultured Cordyceps sinensis on airways and aortae of the rat
Proceedings of the XIVth International Congress on the Science and Cultivation of Edible Fungi ・ Oxford ・ England

Cordyceps sinensis : its diverse effects on mammals in vitro and in vivo
The IIIrd International Symposium of the Mycological Society of Japan

Roseocardin, a novel cardiotonic cyclodepsipeptide from Trichothecium roseum TT103
Journal of Antibiotics

Cytoskeletal alterations leading to Mallory body formation in livers of mice fed 3,5-diethoxy carbonyl-1,4-dihydrocollidine
Journal of Hepatology

Non-cyclic AMP-dependent, positive inotropic cyclodepsipeptides with negative chronotropy
Journal of Pharmacology and Experimental Therapeutics

A sensitive bioassay for thyroid stimulating immunoglobulins using porcine thyroid monolayer cultured cells
Annual of Endocrinology ・ Bruxelles ・ Belgium

Pharmacological study on Cordyceps sinensis from China
The Vth International Mycological Congress ・ Vancouver ・ Canada

対冬虫夏草的薬理学効果之研究
全国第五届食用菌学検討会・中国菌物学会・中華人民共和国

Cyclodepsipeptides: a novel positive inotropic agent with a non-cyclic AMP dependent mechanism
American Heart Association ・ Orlando ・ Florida ・ USA

一般内科外来でのアプローチと対応
Journal of Integrated Medicine

cAMP非依存性の強心活性を有する天然および合成環状デプシペプチド
日本循環器学会総会 ・ 東京

投稿者: つのおクリニック

2015.01.21更新

応募資格 看護師の資格のある方
勤務時間 火曜~土曜
午前 9:00~13:00
午後 15:00~19:00
水・土は9:00~13:00のみ
給与 時給2,000~2,500円

詳細については一度ご連絡くださいませ。

mobilephone0120-570-442(通話料無料、携帯・PHSからもOKです!)

投稿者: つのおクリニック

2015.01.13更新

慢性疲労症候群(CFS)・筋痛性脳脊髄炎 (ME)は、日常生活の過労やストレスが慢性化しておこる病気ではなく、
発症時期が明確で、病因は不明で通常の休息ではけっして回復しない遷延化した全身倦怠が持続した病態です。
1984年米国ネバタ州インクライン村で人口の1%に集団発生して、世界的に注目されました。

特徴は、
◆慢性疲労の原因は不明で、発症時期は明確である
◆十分な休養をとっても回復しない
◆仕事や生活習慣のせいではない
◆労作にともなって起きる極度の疲労(1日以上つづく)
◆頭痛、筋肉痛、多発性関節痛、咽頭痛
◆思考力・集中力の低下
◆線維筋痛症、不安障害、身体表現性障害などを併発する


確立した治療法はなく、おこなっている作業を中止し、十分な休養をとること、
漢方、還元型コエンザイムQ10などのサプリメントの利用などです。

当院でもサプリメントを処方しておりますので、
上記症状をお持ちの方はお気軽にご相談ください。

また、オゾン療法マイヤーズカクテル
高濃度ビタミンC点滴酸素カプセルなども
試みる価値はございますので、お気軽にどうぞ!


mobilephone0120-570-442(通話料無料、携帯・PHSからもOKです!)


投稿者: つのおクリニック

2014.12.22更新

血漿中の高いホモシステイン濃度はうつ病に関係しており、ビタミンB群はホモシステイン濃度を減少させることが分かっています。

今回、オーストラリアの研究によって、ビタミンB6,B12,葉酸の投与が抗うつ薬による治療効果を高めることを検証しました。

うつ症状がある50歳以上の患者153名に対し2群にわけ、52週間試験を行いました。

【ビタミンB投与群】抗うつ薬とビタミンB12:0.5mg、ビタミンB6:25mg、
            葉酸:2mg投与群(77名)
【プラセボ群】抗うつ薬とプラセボ群(76名)

結果、52週目でプラセボ群が75.8%、ビタミンB群が85.5%の改善が認められました。
12週目では、プラセボ群とビタミンB投与群で症状の改善に差は見られませんでしたが、
26週目・52週目ではビタミンB投与群で症状が改善していることが分かりました

1年以上の長期間でビタミンB群を摂取すると、抗うつ薬の治療効果を高め、症状の再発リスクも低下させる可能性があることが分かりました。

B vitamins to enhance treatment response to antidepressants in middle-aged and older adults: results from theB-VITAGE randomised, double-blind, placebo-controlled trial.
(Br J Psychiatry. 2014 Dec;205(6):450-7. doi: 10.1192/bjp.bp.114.145177. Epub 2014 Sep 25.)
(英語サイトへ飛びます。)  http://goo.gl/gsQAMv


うつ病でお悩みでしたら、お気軽に当院へご相談ください。
mobilephone0120-570-442(通話料無料、携帯・PHSからもOKです!)

投稿者: つのおクリニック

2014.12.15更新

インフルA型が流行り出し、学級閉鎖もでてきました。
今年は例年に比べ早くインフルエンザが流行しています。
予防接種をしている方も多いと思いますが、しっかりとインフルエンザに負けない体づくりが必要です。

●なぜインフルエンザは冬に流行するのでしょう。
冬に流行するのはビタミンDが不足し、免疫力が低下してしまうことが原因と言われています。
ビタミンDは日光に当たることで体内で作られる成分です。
12月~3月にかけて日光に当たる時間が短くなり、ビタミンDの体内濃度が著しく減少するため、インフルエンザが流行すると言われています。


●ビタミンDで免疫力がUP!インフルエンザの罹患率(感染率)が半減しました!
小中学生を対象にビタミンD(1,200IU/日)投与群167人とプラセボ群(効果のない偽薬を投与した集団)167人に分けて試験を行ないました。

その結果、プラセボ群の167人中31人がインフルエンザに罹ったのに対し、ビタミンD投与群は167人中18人しかインフルエンザに罹りませんでした

Randomized trial of vitamin D supplementation to prevent seasonal influenza A in schoolchildren.
(Am J Clin Nutr. 2010 May;91(5):1255-60. doi: 10.3945/ajcn.2009.29094.
Epub 2010 Mar 10.)
(英語サイトへ飛びます。)http://goo.gl/zRx2US


●予防接種と一緒にビタミンD
ビタミンDはインフルエンザの予防として、予防接種よりも効果があると言われています。
インフルエンザには毎年様々な型がありますが、予防接種では特定の型しか防ぐことが出来ません。

しかし、ビタミンDは免疫力を上げるため、どんな型のインフルエンザでも予防することが出来ます。


当院ではインフルエンザの予防接種及びビタミンDの処方を行っております。
お気軽にご相談ください。
mobilephone0120-570-442(通話料無料、携帯・PHSからもOKです!)

投稿者: つのおクリニック

2014.11.20更新

11月も半ば過ぎ、とうとうインフルエンザの患者さんが増えてきました
今はA型が主体です。
最近の傾向として、つよい発熱はなく(37度台)、全身倦怠感、節々の痛み(関節痛)を訴えることが多いようです。
普通の風邪と区別しにくいことがあります。
症状はつよくなくても、周囲には感染していき、症状が強く出る方もいるので早めの診断、治療が大切です。
インフルエンザに罹患(病気にかかる)した場合は、ご自分の治療と周囲への感染防止にため、1週間は自宅療養が必要です。

1~2月がインフルエンザのピークになりますので本年中(2014年)に予防接種を完了することをオススメいたします。
免疫成立まで3~4週かかります。

1回摂取4,320円
10人以上の団体で1回3,240円



お気軽にお問い合わせください。
mobilephone0120-570-442(携帯・PHSもOK!)

投稿者: つのおクリニック

前へ 前へ

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ