つのおブログ

2017.03.05更新

TMS症例報告 9
難治性躁うつ病 他院でのTMS経験者
男性 37歳
ストレスから10年前にうつ状態になり、いままで利用できるほとんどすべての薬物を経験しましたが、改善しませんでした。
他院にて光トポグラフィーを受け、うつ病と診断され、TMSを40回受けましたがあまり改善が見られませんでした。
当院に来られ、再度TMS治療を希望されました。
初診時SDS 60、DSMVから躁うつ病と再診断しました。
YBOCS 13で強迫傾向も見られました。
TMS20回実施後、SDS 39に大幅に減少、YBOCSも4となり正常範囲に入りました。
しかしご本人の実感はまだまだ回復とは言えないとのことで、
今後の治療継続が必要です。

※ 患者さん自身の健康実感度と客観的指標度はかなり喰い違うことがあります。
両者を総合的に判断していく必要があります。
最近、光トポグラフィーがあたかも確定診断のように喧伝されていますが、
この装置はその時点での脳血流量を測定するだけで
病気の経過全体を観測するわけではありません。
とくに重要なうつ病と躁うつ病の鑑別は、今回の例のようにあてになりません。
日本うつ病学会は、光トポグラフィーによる判断はあくまで補助的なものであると
警鐘を鳴らしています。

 

投稿者: つのおクリニック

2017.03.01更新

うつ病と躁うつ病の鑑別はいまだに困難で
患者さん本人も治療者も難渋するところです。
一つには、躁エピソードの発現が遅いこと、躁エピソード期間が短いことが考えられます。
光トポグラフィー(NIRS)があたかも、確定診断のように喧伝されていますが、
この装置は、その時点での脳血流状態を見ているにすぎず、確定診断はできません。
日本うつ病学会は、NIRSは補助診断にすぎないことを明示し、警鐘を鳴らしています。

 

さて、Ratheeshらのメタアナリシスによると
うつ病発症から最初の5年間が、躁うつ病移行の最大リスクであった。
うつ病から躁うつ病への移行予測因子は、

●親族に躁うつ病の患者がいる
●うつ病発症年齢が若いほど、移行の危険性が高い
●統合失調様の症状が出る

となります。

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ