つのおブログ

2017.01.30更新

カプランの教科書によれば、強迫症OCDとは、侵入的な思考、儀式的な行為・行動、何らかの思考に頭をすっかり占められてしまうこと、その不安を少しでも和らげようとする強迫行為のために、多大の時間を浪費してしまいます。病態仮説としては、前方皮質-尾状核-淡蒼球-視床系活動が亢進し、さまざまな強迫症状が発現すると考えられています。
この回路を鎮静化することで、強迫症状が抑制されると考えられます。

投稿者: つのおクリニック

2017.01.30更新

線維筋痛症は、筋肉、靭帯、腱など軟部組織の痛みとこわばりを訴え、特徴的な圧痛点を有する原因不明の疾患です。この発痛点trigger pointは、頸部と胸部で非常によく見られますが、腕、肩、腰、下肢でもみられます。線維筋痛症では痛み単独であることは少なく、うつ病、パニック障害、不安、PTSD、慢性疲労症候群などと重複、併発している場合が多いことが知られています。さらに、関節リューマチ、SLEともよく合併します。メカニズムは解明されていませんが、磁気により脳内の鎮痛因子であるβ-エンドルフィン、セロトニン、神経栄養因子の産生増加により、鎮痛効果が得られることが報告されています。
慢性疲労症候群は、線維筋痛症と近縁の疾患と考えられています。日常生活が損なわれるほどの激しい疲労感が6か月以上持続するのを特徴とし、しばしば筋肉痛、咽頭痛、微熱を伴います。うつ病との大きな違いは、罪責感、希死念慮、快楽消失がなく、体重減少がないことです。線維筋痛症と近いこと、治療法がないことから、磁気治療が期待されます。

投稿者: つのおクリニック

2017.01.03更新

今後とも宜しくお願い致します!

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ