つのおブログ

2016.07.26更新

単極性うつ病 外国出身の方
女性 45歳
日本人男性と結婚され子宝にも恵まれ幸せな家庭を築いておられますが
仕事のストレスから8年前にうつ病を発症されました。
もともと内向的で発散できない性格と自己分析されます。
入院の経験もあり、現在抗うつ薬、睡眠薬などによる標準治療を受けていますが改善が見られず、来院されました。
初診時SDS 53で、まずは休職に入られ、20回の予定でTMSを開始しました。
反応性がよい方で、10回ほどの時点で仕事に復帰したいと言われるほどになりました。
20回終了時SDS 39となり、ご本人のご希望により終了としましたが
まだ不十分なところがあるので、しばらくの間1週間に1回実施することにしています。

投稿者: つのおクリニック

2016.07.19更新

日本は世界に先駆けて超高齢化社会に到達しました。それに伴って
悪液質、サルコネペニアが注目されていますが、予防医学としての観点から
フレイルFrailtyが注目されています。
フレイルとは、正常高齢者と要介護高齢者の中間に位置するものと捉えられ
2通りの診断基準があります。


疲労:疲れやすいですか
レジスタンス運動:階段を一気に登ることが出来ますか
有酸素運動:1ブロック休まずに歩けますか
疾患の集簇:持病が5つ以上ありますか
体重減少:過去5年間で5%以上の体重減少がありましたか


体重減少
疲労感
活動度の低下
身体機能の減弱(歩行速度の低下)
筋力の低下(握力の低下)


いずれの診断基準も、5項目中3項目もの以上あれば、
フレイルと診断されます。

状態把握は進んでいますが、対策が遅れているのが現状です。
そんな中で漢方の人参栄養湯がお勧めです。
人参栄養湯は代表的な補剤で、ガンの緩和治療では、全身状態の改善、
抗がん剤、放射線の副作用防止、疲労の改善に使用されています。

構成生薬の成分から
抗炎症作用
疼痛軽減
ストレス軽減
食欲増進
サルコぺニア防止(筋肉増加)
情動行動の改善
神経細胞保護作用
動脈硬化予防
骨量改善
認知機能の改善

の効果が報告されています。

いわば若返り効果であり、アンチエイジングとしても利用可能です。

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ