つのおブログ

2014.07.14更新

認知症の治療には、コリンエステラーゼ阻害薬(ChEI)NMDA受容体阻害薬(NMDARI)の2種類が使われています。
現在、ChEIが主に使われ3種あり、NMDARIは1種あります。
抗認知症薬はおもに日本で開発され、世界をリードしています。

ChEIは認知症全般に軽症から重症まで使われ、無気力・無関心・抑うつ・不安などに効果があります。
NMDARIは妄想・攻撃性・被刺激性・イライラ・焦燥感・徘徊などに効果があります。
認知障害が軽症からさらに進んで中等度になった段階で、NMDARIを併用すべきです。
NMDARIは言語機能の改善にすぐれ、自分から挨拶したり、話しかけた時の反応がよくなる等の改善が見られます。

2種類の薬物の特性をかんがえて、認知症の早い段階からChEIとNMDARIの併用を実施すべきです。



投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ