つのおブログ

2013.12.10更新

「あれ?」と思うことがふえていませんか?

もしかしたら、その方の認知症のサインかもしれません。

認知症は世界的に増加しています。

はやく気づいて、早期に治療をはじめることが大切です。

以下に、家族の方が気づいた、日常生活上の変化を多い順に示します。



1      同じことを何回も言ったり、聞いたりする

2      財布を盗まれたと言う

3      だらしなくなった

4      いつも降りる駅なのに乗り過ごした

5      夜中に急に起きだして騒いだ

6      置き忘れや仕舞い忘れが目立つ

7      計算の間違いが多くなった

8      物の名前が出てこなくなった

9      ささいなことで怒りやすくなった




このような変化が、半年前と比べて目立つようであれば

認知症の可能性がたかくなります。

早めに医療機関にご相談ください。

TEL : mobilephone0120-570-442 (携帯・PHSからもOKです!)

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ