つのおブログ

2012.08.16更新

ある特定の食物をたべて、
皮膚のかゆみ、じんましん、顔が腫れる、咳、吐く、下痢
などの症状が出る状態を、食物アレルギーといいますsign01

ときに全身の重い症状アナフィラキシーを起こします。

原因食物は年齢によりことなります。
頻度が高いのは、
7~19歳  : 甲殻類、鶏卵、そば、小麦、くだもの
20歳以上  : 甲殻類、小麦、くだもの、魚類、そば

の順です。

口の中が痒くなる方も多くいます。

原因食物は、血液検査(保険)でしらべることが出来ます。

ご自分の体質を知って、原因食物の摂取を控えてください。

ご相談はmobilephone 0120-570-442 までお気軽にどうぞflair

投稿者: つのおクリニック

2012.08.14更新

認知症とは、認知機能の低下により生活障害をおこした状態をいいます。

記憶にはおおきく次の3つがあります。
エピソード記憶 : 昨日の夕食の内容など個人の体験にかかわるもの
意味記憶     : 学習によって得た知識や物の記憶
手続き記憶   : 車の運転、楽器の演奏など体で覚えてもの

アルツハイマー病ではまずエピソード記憶の障害がおこりますが
もっと昔の記憶、判断力、計画性は残っているので日常生活は自立しているように見えます。
この段階で心理テストやMRIをとれば、
単なる物忘れか認知症の初期かの判断が可能です。

軽度であればサプリメントや漢方薬を使用し、進んでいれば薬物による介入がひつようです。

まずは一度お気軽にご相談くださいませ。
mobilephone0120-570-442(携帯・PHSもOK!)

投稿者: つのおクリニック

2012.08.12更新

糖尿病は、動脈硬化さらに脳卒中、心筋梗塞のもとになる病気です。

血糖の異常は、まず食後の高血糖としてあらわれます。

これは単に随時に血糖を測っただけでは分かりませんsign01

ブドウ糖負荷試験ではじめて正確に判定できます。

糖尿病はさらに癌やアルツハイマー病、歯周病のもとになります。

はやめにブドウ糖負荷試験をやって、ご自分の状態を把握しましょう。

ブドウ糖負荷試験の詳しい情報はmobilephone0120-570-442へお気軽にどうぞflair

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ