つのおブログ

2020.09.01更新

10年以上うつ状態で苦しんでこられました。薬物療法は奏功しませんでした。
うつ病と診断されてきましたが、お金を使いすぎたり、怒りやすくなったり、悪口を言われていると感じたりすることから、躁的要素があると判断されました。2年ほど前に退職され、現在自宅療養されています。初診時うつ状態をみるSDSは70の高値で、躁状態をみるMDQは7で躁状態の境界線上にあると考えられました。rTMSを20回実施後、SDSは53、MDQは3に低下し大幅な改善が見られましたが、患者さんの実感としてはまだまだ不十分なため、さらにrTMSを20回追加しました。計40回rTMSののち、SDSは37、MDQは0になり正常範囲にはいり、患者さんの顔に笑顔がもどってきました。

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ