つのおブログ

2017.06.19更新

症例報告10
慢性疼痛 男性 40歳

10年前から、明らかなきっかけが分からないまま右肩の痛みを感じるようになりました。
さまざまな医療機関、さまざまな医療を受けましたが効果的なな改善は見られず、しだいにうつ傾向が出てきました。
現在は首、肩、肩甲部に疼痛があり、サインバルタ、ミオナール、マイスリー等を服用されていました。
来院時、疼痛自己評価VASは3.8/10、SDSは48で軽度のうつ状態でした。
rTMS30回実施+グルタチオン含有の脳点滴を併用した後、VASは2.4/10に減少し、好きな野球が楽に出来るようになりSDSは38でうつ状態も寛解しました。

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ