つのおブログ

2017.01.30更新

カプランの教科書によれば、強迫症OCDとは、侵入的な思考、儀式的な行為・行動、何らかの思考に頭をすっかり占められてしまうこと、その不安を少しでも和らげようとする強迫行為のために、多大の時間を浪費してしまいます。病態仮説としては、前方皮質-尾状核-淡蒼球-視床系活動が亢進し、さまざまな強迫症状が発現すると考えられています。
この回路を鎮静化することで、強迫症状が抑制されると考えられます。

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ