つのおブログ

2016.04.11更新

躁うつ病 難治性うつ状態 ADHD
男性 36歳
仕事のストレスのため3年前から気分変調に気付く。
3週間の休職中に来院されました。
初診時SDS 58で、仕事のストレスがつづくためうつ病の診断のもと
ただちに休息をすすめ、6か月の休職をとりました。改善が見られたので復帰。
しかし仕事のストレスがつづき、2年間の薬物療法では改善が見られないため
TMSの実施を決定。このときのSDS 57で、ほとんど改善が見られていないことが
わかりました。さらに躁状態も併発していること、
ASRS-v1.1  5/6でADHD要素もつよいことがわかりました。
TMS20回出来るだけ連続的に実施。
SDS 46、ASRS-v1.1  2/6になり、著明に改善しました。
SDSは40以下になっていませんが、諸々の事情から
あとは薬物療法と生活改善で治療していくことになりました。

投稿者: つのおクリニック

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ