アレルギー科

アレルギー

免疫系は生体を防御する重要な機構ですが、この反応が正常な身体組織を傷つける場合がアレルギーです。この反応をひきおこす物質をアレルゲンと呼び、ほこり(塵埃)、花粉、食物、薬物が知られています。これらが体内にはいり過剰な抗原抗体反応をおこし、アトピー性皮膚炎・気管支喘息・花粉症・アレルギー性鼻炎などが発症します。疫学調査によれば、全国民の1/3がなんらかのアレルギー症状を訴え、児童では60%以上がダニ・カビ・スギのいずれかにIgE抗体が陽性に出ます。生活習慣病とは違った意味で、アレルギー疾患は国民病となりつつあります。当クリニックでは、検査によりアレルゲンをつきとめ、また肺機能検査をおこない治療をおこなっていきます。

治療は現代医学が中心ですが、漢方が皮膚症状・鼻炎症状に有効なこと、肺症状も抑制することから、また体質改善的な意味からも、現代医学と漢方の併用もおこなっています。主なアレルギー疾患には以下のものがあります。

アトピー性皮膚炎
蕁麻疹
気管支喘息
血管浮腫
花粉症
薬物アレルギー
アレルギー性鼻炎
金属アレルギー

舌下免疫療法

花粉症とアレルギー性鼻炎

花粉症は、植物の花粉が原因となり、くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目のかゆみなどのアレルギー症状をおこす病気です。また通年性アレルギー性鼻炎とは、ダニ・カビ・昆虫・ペットの毛などが原因で季節に関係なく症状があらわれる疾患をいいます。

よくある症状

くしゃみがよく出る
さらさらした鼻水が出る
鼻がつまる
鼻や目がかゆい

など

舌下免疫療法とは

アレルギーの原因となりアレルゲン(治療薬)を舌の下に少量投与することで、
からだをアレルゲンに慣らし、アレルギー症状を和らげたり日常生活の影響を改善する治療方法です。自宅で出来るため手軽ですが服用量や服用方法、副作用に対する対応等、患者さんの理解が必要となります。

効果と注意点

現在はスギ花粉症とダニアレルゲンの通年性アレルギー性鼻炎のみ保険適用です。
治療は長期間(3~5年)かかります
すべての患者さんに効果が期待できるわけではありません。

ご相談はお気軽に

心療内科・精神科なら東京渋谷の「つのおクリニック」へ。
薬物精神療法・漢方から最新の磁気刺激療法rTMSまで、幅広く対応できます。

  • bottom_04.jpg
  • 24時間受け付けております メールでのお問い合せ